ここ数週間で読んだ本のメモ

最近読んだ書籍をつらつらとリストアップ。


フィリップ ドレルム / ビールの最初の一口 —とその他のささやかな楽しみ
図書館にて。
小さな幸せってその辺に転がってるもんなんでしょう,道端の空き缶みたいに。


ジャン=フィリップ・トゥーサン / 浴室
図書館で作者の名前を見かけてから気になっていた作家の1人。
スカスカとまではいかないけれど,かなり贅肉を落としたアッサリとした文体。本全体に漂う虚無感というか世間からの隔絶感というか,厭世観が漂います。
なお,これから以下3冊は大学時代に通っていた古書店で購入。ちなみにこれは300円。ほぼ新品状態


ジャン=フィリップ・トゥーサン / テレビジョン
300円。これもほぼ新品状態。
ある日を境にTVを見なくなった研究者の一夏のお話。

ノーライフキング
いとうせいこう / ノーライフキング
100円
狙っていた,解体屋外伝やワールズエンズガーデンが無かったので購入。この2冊はどうしても手許に置きたいのだけど,どこに売ってるのやら…


きづきあきら+サイトウナンキ / いちごの学校
この作家の作品全般にいえるんですけど,ハッピーエンドではないのでハッピーエンド好きな一にはあまりお薦めできないなあ。


広江礼威 / Black Lagoon vol. 7
メイド編。


高橋慶太郎 / ヨルムンガンド vol. 3
ヨナの過去,アフリカ大陸編。伏線を結構張ってるように思う。


漫画 浅田寅ヲ + 原作: いとうせこう / ウルトラバロック・デプログラマー
いとうせいこうの解体屋外伝の漫画化 (なので解体屋外伝を手許に置きたいんです!)。ヤングガンガンで月イチ連載中。
人によって合う合わないの激しい作風を持つ漫画家なので立ち読みしてから買った方が良いです。なお,初版の出版数/出荷数がかなり少ない模様。amazon よりも確実に入手するなら本屋へ直接注文したほうがいいように感じる。

Written by: